ベリーダンスの歴史


ベリーダンスは女性の出産に恩恵をもたらし子孫繁栄として女性の為だけの踊りでした。
また、イスラム時代以前、紀元前5世紀ほど昔のエジプトの墓の壁画に半裸のダンサー達が描かれていたりと歴史の深さを伺わせ口承に伝授されて知られてきたと言われるが、その起源の証拠は未だに立証されていません。



中東以外の地域へ一般的に知られる様になったのは、18世紀から19世紀にかけて勃興したロマン主義運動の高まる中、オスマン帝国にアラブ諸国は支配され、王宮でのハレムの生活風景を芸術家達が絵画の中にベリーダンサーを用いられた事によって広まりました。そこから、中東諸国のダンサー達は様々な世界の博覧会にてダンスを公開し披露し始める様になり徐々に市民権を得る様になりました。
エジプトでは結婚式の時には必ずダンサーを招き、花嫁は子孫繁栄の為ダンサーのお腹に手をかざして祈願したり、ベドウィンでは出産している女性の周りでダンスを踊る風習が伝統的にあります。

 

 

Belly(英語:お腹)Dance(踊り)=ベリーダンス

ベリーダンスによる円形運動は、正しく行えば疲労感を和らげとても健康的で、年齢問わず続けていく事のできるダンスです。
心肺能力にも良い働きをもたらし、身体全体の柔軟性と強靭さ体幹(内側のコアな筋肉)を増強させ、胴体を引き締める事ができ脚の筋力形成、スタイルアップにも良い影響があります。
また、自分自身の内面と向き合いながら取り組んでいく事によって精神的にも深い恩恵を授かる事ができます。

 

エジプシャンスタイル


エジプトではベリーダンスを、Baladi(国産の, 庶民のダンススタイル:バラディー)Raqs Sharqi(東方の踊り:オリエンタルダンススタイル)に分ける事ができ, 以外にもフォークロア(エジプトでの各土地で生まれたダンススタイル)もあります。
エジプト人が知っている一番最初のオリエンタルダンサーはshooqと言われる中、確かに立証され庶民的に誰でも踊れるダンスがプロとしてエンターテイメント化され、今に繋がる基礎を創り上げるきっかけに繋げたのは(Badia Masabni:バディア マサビニ)によって始まりました。
1926年にカイロでナイトクラブを創設し、一般的でカジュアルなバラディースタイルや、ジプシーとして各地をダンスによって生計を立てるガワジーと呼ばれるストリートダンサー集団のスタイルからオリエンタルスタイルという形でダンススタイルや衣装においても洗練させ進化と発展に成功しました。
1960年代頃までエジプト映画産業の黄金時代と呼ばれ、ナイトクラブから生まれたダンサー達は女優としても名声と影響力を与える事になりました。


黄金時代の有名なダンサーは (Samia Gamal : サミア ガマール)・(Tahiya Karioka : タヒア カリオカ)・(Naima Akif : ナイマ アーキフ)他、その後に(Fifi Abdou :フィフィ アブド)・(NagwaFouad : ナグア フォアード)・(Suheir Zaki : スヘイラ ザキ)等のダンサーが挙げられます。
1960年辺りからエジプトの各土地のダンスを洗練させステージパフォーマンスと進化させ、国からの援助も受ける事に成功し”国立レダ民族舞踊団(レダトゥループ)を設立した、(Mahmoud Reda: マフムド レダ)も映画等で活躍されました。彼は民族の踊りを芸術として伝えた男性ダンサーとして有名で(Farida Fahmy :ファリーダ ファハミ)はその内のトップダンサーとして名を挙げています。

そこから、アラビアのポップスを用いたダンススタイル、或はモダンエジプシャンとしてダンススタイルはエジプトの中でも進化し、更にフェスティバル(アハランワサハラン)(ナイル)も開催され、今ではエジプトだけに留まらず世界各国に広まり続けています。
ごく最近でベリーダンスの知名度を挙げるきっかけとなったのは、ベリーダンスとモダンダンススタイルを組み合わせてシンガーとして踊りもこなす(シャキーラ)* コロンビアとレバノンのハーフの影響も強いと言われています

作成:Amira Soultan